アーユルヴェーダは完全に科学的であり、この分野は主に自然な治療による人の病気の治癒を指します。これは、錠剤や他の薬を服用する代わりに、自然な手順が採用されていることを意味します。さまざまな種類の葉やジュースが人を治療するために使用されます。それはもともと古代の慣習であり、最近ではその関連性を失っていますが、この科学的方法は再びその重要性を増しています。これは、この方法を最初に試し、実験してから商業的に実践する分野として開発されました。.

アーユルヴェーダヨガのアーサナと利点

人々は一般的にこの方法をどんな身体的問題にも適用できると誤解していますが、真実はそれが精神的安定に関しても同様に役立つということです。この方法は、心だけでなく体にも非常にリラックスできると考えられています。それは心に深い平和をもたらし、人が日常の問題を取り除き、人生をより大きく見るのを助けます.

一方、ヨガとは、特定の体の姿勢、運動、呼吸法を実行することによって体の状態を改善することを指します。アーユルヴェーダヨガとは、ヨガとアーユルヴェーダの両方を一緒に行う練習のことです。患者の体内で起こっている問題に応じて、特定の姿勢や運動が人に処方されます.

アーユルヴェーダヨガ

身体で発生する身体的問題のほとんどは、生理的病気の原因となる人の身体に存在すると言われている3つのエネルギーであるドシュサの不均衡に関連しています。つまり、3つのドーシャのいずれかで不均衡や混乱が発生すると、物理的な問題が発生する可能性があります。これは、アーユルヴェーダによって、そしてさまざまな姿勢や運動を採用することによって順番に治療することができます。エクササイズは、体が不均衡を回復し、体を軌道に乗せるのに役立ちます。人は自然に治療され、副作用もありません.

全部で3種類のエネルギーがあり、私たちのすべての身体機能を無傷で制御することができます。これらのエネルギーのいずれかが中断すると、問題が発生する可能性があります。 3つのドーシャすべてが副作用とともに以下に言及されています-

ピッタドーシャ:

このエネルギーは、すべての栄養素とミネラルの消費に責任があります。それはまた、代謝システムの適切な機能につながり、一日中人をアクティブに保ちます。また、これは食品を適切に消化するのに役立ち、適切に機能し続けるために体が必要とする可能性のあるすべての必要なビタミンとミネラルを抽出します.

しかし、どんな種類の不均衡も興奮と欲求不満につながる可能性があります。その人は落ち着きがなく、落ち込んでいると感じるかもしれません。食物の不適切な消化は、望ましくない潰瘍や癤につながる可能性があります。人もめまいを感じるかもしれません。これを治療する最良の方法は、消化性の天然錠剤を用意し、食物の消化につながる可能性のある運動を行うことです.

ヴァータドーシャ:

ヴァータドーシャは、主に体内の血液の適切な循環に関与しています。このエネルギーは、体が適切に動くのを助け、適切な動きの機能を提供します。実際、心臓の働きやまばたきやつま先のうごめきなどのわずかな動きも、このドーシャに依存しています。このエネルギーの不均衡は深刻な不安を引き起こす可能性があります。不適切な動きにより、人が緊張する可能性があります。ただし、これにも解決策があります。特定のエクササイズを定期的に行うと、エネルギーレベルが通常に戻る可能性があります.

カパドーシャ:

カパドーシャとは、体内の水分バランスをとるエネルギーのことです。肌に潤いを与え、体のさまざまな臓器に水分を供給します。このエネルギーの不均衡は不安を引き起こす可能性がありますが、正しいバランスが人を落ち着かせて愛情を保つことができます。人は思いやりを持ち続け、寛容な性質も持ちます.

アーユルヴェーダヨガは新しいテクニックではなく、その科学的な理由から世界中で受け入れられています。モミを維持し、3つの重要なエネルギーのバランスを保つために、定期的に姿勢を練習し、自然の薬を服用する必要があります.