妊娠についての有名なことわざがあります。「あなたが初めての母親であるか、2番目の子供(または3番目以上)を妊娠しているかにかかわらず、この9か月は間違いなく不思議で人生を変える経験です。」この9か月の間に、妊娠中の女性はさまざまなタイプの気分のむら、何を食べるか、何を食べないかについての複雑な感情を経験します。胎児に対する突然の保護的態度は、彼女が従う食事療法の観点から、期待している母親によって発達し始めます。しかし、彼女は、中の赤ちゃんにそれらの余分な栄養素と栄養を与えるためにどのような食べ物を食べるべきかについて疑問を抱くでしょう。疑問が生じるそのような食品の1つは、「パン」に関するものです。専門家は、妊娠中にパンを食べることは、それが限られた量とパンの種類で消費されるべきであるならば、完全に安全であると言います。ここで、この記事では、どのような種類のパンが妊婦に有益であるかを知ることができます.

妊娠中のパン

妊娠中にパンを食べるのは安全ですか?

市場で一般的に入手可能な白パンには、小麦粉またはマイダ​​粉が含まれています。このマイダ粉には脂肪とグルテンが含まれており、過剰に摂取すると妊婦や胎児に害を及ぼします。しかし、タンパク質とビタミンが豊富な小麦パンや茶色のパンは、胎児と妊婦の両方にとって健康的で完全に安全です.

パンの栄養価:

あらゆる家庭で代表的な朝食の食事であるパンは、栄養価が高い。これが、パンがジャム入りのパン、パンとミルク、バター入りのトーストしたパン、パンのオムレツなど、さまざまな形で消費される理由です。ここにパンの栄養価のいくつかがリストされています.

A)炭水化物:

これらは、妊婦の原動力であるパンの主要部分を形成します。パンに含まれる炭水化物のグリセミック指数も低く、健康的であると考えられています。.

B)タンパク質:

タンパク質は、小麦パンに含まれる2番目の必須栄養素です。タンパク質は、胎児の健康な発育に不可欠です.

C)繊維:

驚くべきことに、小麦パンには適切な量の食物繊維が含まれています。これは心臓の適切な機能を助け、妊娠中に健康な状態を達成するコレステロール値を維持します.

D)小麦胚芽:

全粒粉パンには、ビタミンEとオメガ3脂肪酸と葉酸が豊富な小麦胚芽が含まれています.

妊娠中にパンを食べることの健康上の利点:

1.消化を促進します:

全粒粉パンは食物繊維が豊富で、消化を促進します。これは、順番に、定期的な排便を維持し、妊娠中の女性の下痢や便秘を減らすのに役立ちます.

2.コレステロール値を維持します:

全粒粉パンに含まれる食物繊維が血中のコレステロール値を管理し、心臓を健康な状態に保ちます。.

3.血圧を制御します:

妊娠中の女性はしばしば血圧の変動に苦しんでいます。血圧の高低はどちらも、妊婦にとっても胎児にとっても不健康です。小麦とマルチグレインパンには繊維が含まれており、体内のコレステロールとトリグリセリドのレベルを維持するのに役立ち、妊娠中の血圧を制御します.

4.血糖値を調節します:

妊娠中、糖度が上昇し、妊娠糖尿病を引き起こすことがあります。このパンは血糖値を維持する役割を担う繊維が豊富であるため、小麦パンを食べると血糖値を調整できます.

5.カルシウムが豊富な食品:

全粒粉パンには適度な量のカルシウムが含まれています。カルシウムは妊婦と胎児にとって不可欠です。これは、母親の子宮内に存在する赤ちゃんの適切な成長と発達に役立ちます.

6.ビタミンC含有量:

全粒粉パンにもビタミンCが含まれていると言われています。ビタミンCは、欠乏症を予防する能力があり、妊娠中に不可欠な免疫力を高める役割を果たします。.

7.胆石を防ぎます:

全粒粉パンには食物繊維が豊富に含まれており、消化器系の機能を改善し、胆石の形成を防ぎます。.

8.代謝を維持します:

全粒小麦から作られたパンは、ビタミンB、ナイアシン、チアミン、リボフラビンが豊富です。これらの要素はすべて、プロセスを合理化し、体内の代謝を維持する上で重要な役割を果たすビタミンB群に属しています。.

9.喘息のリスクを軽減します。

妊娠中、妊娠中の母親の中には呼吸の不快感を経験したり、喘息に苦しんだりする人もいます。全粒粉パンを食べると、喘息や呼吸の不快感の症状を抑えることができます.

10.インスタントエネルギー:

全粒小麦とマルチグレインパンは、タンパク質とビタミンが豊富な小麦と穀物が豊富です。パンに含まれる小麦は、筋肉や骨に力を与え、妊娠中の瞬間的なエネルギーを提供します。緊急時に1枚か2枚のパンを食べることは妊婦にとって有益です.

11.子癇前症を予防します:

子癇前症は、最後の学期中に発生する高血圧の状態です。そのような状況では、赤ちゃんは時期尚早に出産する可能性があり、時には母親でさえ発作に苦しむ可能性があります。茶色のパンを毎日2枚食べると、生地に含まれる繊維含有量が高いため、血圧を維持することで子癇前症を防ぐことができます。.

副作用:

パンに存在する栄養価は別として、しかしこのパンが過剰に消費されると、それ自身の副作用があります.

  • パンにはグルテンと呼ばれるタンパク質の複合形態があり、消化が困難です。したがって、過剰なパンの消費は、便秘や下痢などの消化の問題を引き起こす可能性があります.
  • パンにはアミロペクチンAが含まれています。アミロペクチンAは血中の糖度を高める役割を果たします。過剰に摂取すると糖尿病になる可能性があります.

市場にはさまざまな種類のパンがあります。妊娠中の母親は、どのパンを選ぶべきかについて混乱するかもしれません。ここでは、妊娠中に食べるパンの種類について説明します.

  1. 食べる最も重要なパンは全粒粉パンです。これは繊維含有量が豊富であるため、非常に有益です.
  2. マルチグレインパンは、さまざまな穀物が含まれているため、妊娠中の女性に有益な別のタイプです.
  3. 脂肪とグルテンが含まれているため、妊娠中は白パンを過度に食べないようにしてください。.
  4. 他の種類のパンには、ガーリックブレッド、バナナブレッド、ライ麦、サワードウパンなどがあります。これらは消費できますが、適度な量です。.

妊娠前に朝食にパンを食べる習慣がある場合は、グルテンが含まれているため、白パンの摂取量を減らすのが最善です。これは、深刻な便秘の問題を引き起こす可能性があります。白パンを食べないようにする1つの方法は、妊娠中も長期的にも健康的な茶色のパンを選ぶことです。食事に変更を加える前に、栄養士に相談することを忘れないでください.

よくある質問と回答:

Q1。妊娠中に食べるのに最適なパンはどれですか?

回答: 茶色のパンまたは小麦のパンまたはマルチグレインのパンは、栄養価が高いため、妊娠中に食べるのに最適です。.

Q2。母乳育児中にパンを食べても安全ですか?

回答: はい、限られた量で消費されるべきであるならば、妊娠中にパンを食べることは絶対に安全です。小麦パンは授乳中に非常に安全に食べることができます.

Q3。妊婦はどのくらいのパンを食べるべきですか?

回答: 妊娠中の女性は、適度な量のパン、つまり2〜3枚のパンを食べる必要があります。パンの過剰摂取は消化の問題につながる可能性があります.

免責事項: この記事で提供される内容は、一般的な情報のみを目的としています。医師や医療専門家の医学的アドバイスの代わりとして扱われるべきではありません。私たちはあなたに起こったどんな病気に対しても責任を負いません。健康上の懸念がある場合は、必ず医療専門家にご相談ください。.