インドではチャイとも呼ばれるお茶は、私たちの日常生活に欠かせない飲み物です。私たちの一日はお茶から始まり、それは私たちを一日中さわやかに保ちます。ほとんどの人にとって、お茶はストレスバスターです。一部の人々は、仕事のストレスにもよりますが、1日に少なくとも7〜8杯のお茶を飲むほどお茶に夢中になっています。妊娠とは、女性の人生の中で、表現できないさまざまな種類の感情や気分のむらがある時期です。そんな時、あなたはリラックスできる飲み物を切望します。お茶は妊娠中にあなたを助けることができる1つの薬です。お茶を飲む習慣がない場合は、他の方法を試してください.

妊娠中のお茶

妊娠中にお茶を飲むのは安全ですか?

この研究によると、妊娠中に特定のハーブティーを飲むことは妊娠の健康を改善する1つの方法であり、限られた量で摂取すると絶対に安全であると考えられています。毎日最適な量の非ハーブティーを摂取することも、妊婦にとって安全であると見なされています。胎児に有害なカフェインが含まれているため、妊娠中は1〜2杯の非ハーブティーのみを摂取する必要があります.

妊娠中のお茶の利点:

お茶を作って消費する儀式は、明らかに正当な理由で、何千年もの間続いています。お茶には、ガンの原因となるフリーラジカルと戦う抗酸化物質が含まれており、免疫システムを強化します。お茶を飲む妊婦に関しては、いくつかの優れた利点があります.

  1. 妊娠中の女性はつわりや吐き気を伴うことがよくあります。お茶はつわりを和らげるのに役立ちます.
  2. 妊娠中の女性は定期的に不眠症を患っています。適切な量​​のお茶を飲むと、不眠症を防ぐのに役立ちます.
  3. イラクサの葉は、母親と胎児にとって不可欠な鉄分、ビタミンA、C、K、カリウムの供給源であるハーブティーです。.
  4. 赤いラズベリーの葉は、効果的な収縮を助け、子宮の筋肉を整えるお茶の一種です。.
  5. ハーブティーは、妊娠中に引き起こされる不快感、不安、精神的ストレスを和らげます.
  6. 妊娠中の女性は常に水分補給を続ける必要があり、ハーブティーはあなたの体を水分補給するのに役立ちます.

妊娠中のお茶の副作用:

利点とは別に、お茶の摂取には妊娠中の副作用もあります。ここにいくつかの副作用があります.

  • これらのお茶にはカフェインが含まれているため、ハーブ以外のお茶を飲みすぎると妊娠中の女性にとって危険です。カフェインは、胎盤を直接通過して赤ちゃんに到達する物質であり、赤ちゃんが消化しにくい物質です。.
  • お茶の過剰摂取は流産につながることがあります.
  • 一部の非市販のハーブティーは有毒である可能性があるため、市販され、FDAが承認したハーブティーのみを摂取する必要があります.
  • カフェイン含有量の多いお茶を摂取すると、低出生体重児の出産と早産につながります.

飲むお茶の種類:

一般的に、お茶にはハーブティーと非ハーブティーの2種類があります。.

1.非ハーブティー:

非ハーブティーは、茶樹の葉から作られるものです。これらには、さまざまな量のカフェインと抗酸化物質が含まれています。非ハーブティーのカフェインレベルは、発酵プロセスまたは葉の酸化時間の増加とともに増加します。葉のサイズ、醸造時間、葉の種類もお茶のカフェイン含有量に影響します。非ハーブティーのカフェイン抜きバージョンでさえ、カフェインの一部が含まれています.

利用可能な非ハーブティーには、緑茶、紅茶、ウーランティーの3種類があります。.

2.ハーブティー:

これらは、実際の茶樹からのものではなく、さまざまな植物の花、種子、樹皮、葉、および根から作られているものです。本物の純粋なハーブティーにはカフェインが含まれていないため、妊娠中に非常に安全に摂取できます。このタイプの唯一の不具合は、種子、花、樹皮、または根が摘み取られる植物の出所が不明であり、有毒である可能性があることです。これが、ハーブティーが商業的に高く評価され、FDAが承認した店から購入されるべき理由です。.

3.通常のお茶:

上記の両方のお茶とは別に、通常のお茶も消費されます。通常のお茶は、日常的に最も一般的に消費されるお茶です。茶樹の樹皮や葉を集めてオーブンで乾燥させ、防腐剤や芳香剤を加えて販売し、集客を図っています。また、市場で市販されているインスタントティーもいくつかあります。これらのお茶には、実際のお茶が少量しか含まれておらず、砂糖や人工甘味料が豊富に含まれています.

妊娠中に消費するさまざまな種類のお茶:

前に見たように、非ハーブティーとハーブティーがあります。ここでは、妊娠中に消費するハーブティーと非ハーブティーの両方のさまざまなタイプをリストします.

1.ペパーミントティー:

妊娠中のお茶-ペパーミントティー

  • ミントは私たちの毎日の料理で使用される有名なハーブの1つです。それは私たちの食べ物に風味を加え、そしてそれはいいにおいさえします.
  • 一方、ミントティーはつわりを和らげ、妊娠中の女性の頭痛を防ぎます.
  • このお茶はまた、胃の筋肉をリラックスさせ、ガスと膨満感を軽減するのに役立ちます.
  • このミントティーは流産につながる可能性があるため、ごく少量を摂取する必要があります。したがって、過去に危険な妊娠をしたことがある場合は、摂取を避けてください。.
  • 母乳の生産に悪影響を与えるので、配達後でもミントティーを防ぐ方が良いです.

2.緑茶:

  • 最近有名な緑茶は、減量のためにほとんどの人に飲まれています.
  • 妊娠中の女性にとって、これは非常に有益です。フリーラジカルを中和する抗酸化物質です.
  • 緑茶は1日1回摂取でき、カフェインが含まれていても母親や胎児に害を及ぼすことはありません。.
  • ただし、緑茶の過剰摂取は避けてください。.

3.ジンジャーティー:

妊娠中のお茶-生姜茶の根

  • 適度な量のジンジャーティーは、特に妊娠初期の妊娠中の女性にとって非常に有益です.
  • ジンジャーティーは、妊娠中のつわりや吐き気を抑えることで知られています.
  • ジンジャーティーは消化を容易にし、妊娠中の体の消化機能を強化するのに役立ちます.
  • このお茶は、血中の糖度を維持し、妊娠糖尿病を予防するのに役立ちます。また、妊娠中のコレステロール値を制御します。.
  • 生姜茶には独自の利点がありますが、カフェインが含まれているため、適度な量を摂取する必要があります。一部の妊婦にアレルギーを引き起こすため、妊娠中は1日あたり1gm未満のショウガを摂取することをお勧めします.

4.レッドラズベリーリーフティー:

妊娠中のお茶-ラズベリーリーフティー

  • 鉄分が豊富なハーブティーです。このハーブは妊娠中の子宮の調子を整えるのに役立ちます.
  • このお茶は妊婦の吐き気を抑えることでよく知られており、陣痛を和らげます.
  • このお茶は妊娠後期、つまり妊娠期間の32週間後に摂取する必要があると言われています。陣痛中の効果的な収縮のために、このお茶を毎日1杯飲んでください.

5.レモンバームティー:

妊娠中のお茶-レモンティー

  • このお茶は、妊婦の不眠症と戦うことで有名です。妊娠中の女性は、不快感やさまざまな気分のむらのために眠れない夜を過ごすことがよくあります。このお茶は、夜中に飲むと、完璧な睡眠をもたらします.
  • レモンバームティーを飲むことはまた妊婦の不安および苛立ちを制御します.
  • このお茶は心を落ち着かせる効果を提供し、妊婦の精神的鬱病を和らげます.

6.イラクサリーフティー:

ティーブレネッセル-ティーイラクサ03

  • このお茶は、鉄、マグネシウム、カリウム、カルシウムに加えて、ビタミンA、C、Kを豊富に含んでいます。これらの栄養素は、胎児の発育に役立ちます.
  • 医師は一般的に妊娠中の女性に、流産を引き起こす子宮の刺激につながる可能性があるため、妊娠初期の後にのみこのお茶を飲むようにアドバイスしています.

7.ルイボスティー:

妊娠中のお茶-ルイボスティー

  • ルイボスティーは、鉄、マグネシウム、亜鉛、カルシウム、抗酸化物質を含むカフェインを含まない製品です。.
  • これらの抗酸化物質は、フリーラジカルとの戦いと体の解毒に役立ちます。このお茶はまた、妊娠中の酸の逆流または一般的に胸焼けと呼ばれるものを制御するのに役立ちます.
  • ルイボスティーは、体内の鉄分の吸収を高め、風邪、アレルギー、その他の感染症と戦うのに役立ちます.
  • このお茶は妊婦の免疫力を高めます.

8.タンポポ茶:

妊娠中のお茶-タンポポ茶

  • このお茶には鉄分、マグネシウム、カルシウムが豊富に含まれています.
  • タンポポの根と葉は、軽度の浮腫を和らげ、肝臓に栄養を与えるのに役立ちます.
  • このお茶はやさしく、妊娠中の女性にとって効果的な利尿薬と考えられています。妊娠中の体液貯留を緩和します.
  • カルシウムの過剰摂取は骨に影響を与えるため、このお茶は限られた量で摂取する必要があります.

9.カモミールティー:

げっぷを防ぐための治療法-カモミールティー

  • カルシウムとマグネシウムを配合したハーブティーです。抗酸化作用と抗炎症作用があります.
  • その抗酸化作用により、体に有害なフリーラジカルを中和します.
  • このお茶は心を落ち着かせる効果があることでよく知られており、寒さやその他の感染症も防ぎます。このお茶を飲むと水分補給ができます.
  • これは不眠症を防ぎ、活発な陣痛を促進するもう一つのお茶です.
  • 流産を引き起こし、干し草熱になりやすい場合はこのお茶を避けるので、最初の学期中にこのお茶を飲むことは避けてください.

10.ローズヒップティー:

  • このお茶は、エリクサーオブユースとも呼ばれます。ビタミンCが豊富です。これは母親にとって、そして胎児にとっても不可欠な栄養素です。.
  • このお茶を飲むことはどんな種類のインフルエンザも避けて、不必要な腫れを避けます.
  • このお茶は、妊婦の免疫力を高めるのに役立ち、トイレへの旅行回数​​を減らします.

11.イエロードックティー:

  • このお茶には適量の鉄分が含まれているため、貧血に苦しむ妊婦におすすめです。.
  • 黄色いドックティーにはカルシウム、ビタミンA、Cが含まれており、抗酸化作用と抗炎症作用があります。.
  • このお茶は、腸の動きを増加させる下剤としても使用できます。便秘に苦しんでいる妊婦は、腸の動きを改善するためにこのお茶を飲むことができます.

12.アルケミラ:

  • これは、妊娠しているかどうかに関係なく、すべての女性が飲むのに最適なハーブです。このお茶は、不規則な月経周期、痛み、けいれん、および痛みを伴う期間の最良の治療法として使用されます.
  • このお茶を飲むとつわりを和らげ、不安を軽減し、ストレスを和らげることができます。このお茶は不眠症を防ぐためにも飲むことができます.
  • 結果を体験するために1週間1日1〜2杯だけ飲む.

13.セージティー:

妊娠中のお茶を避ける-セージティー

  • カルシウム、マグネシウム、鉄分などの必須栄養素が含まれているハーブティーです.
  • セージは多くの病気の薬草療法として使用されています。妊娠中にこのスパイスを摂取することは一般的に安全です。このハーブティーは咳のうがい薬として機能します.
  • このお茶を飲むと、妊娠中の女性の不安を和らげることができ、過度の発汗を防ぐこともできます.
  • このスパイスはお茶に濃縮されているため、妊娠中は避けることをお勧めします.

14.パセリティー:

  • それは私たちが調理するどんな料理にも風味を加える有名なハーブの1つです。パセリの葉は、その芳香の風味でどんなレシピも変えることができます。しかし、これはお茶の形でも消費することができます.
  • 利尿剤であるパセリ茶を飲むと、妊娠に関連する腫れを取り除くのに役立ちます.
  • パセリハーブはビタミンBとCが豊富で、妊婦の免疫力を高めるのに役立ちます。抗酸化剤、抗炎症剤でもあります.
  • ただし、パセリ茶は妊娠中の健康上の問題につながる可能性があるため、摂取量を減らす必要があります.

消費できるお茶:

  • 緑茶
  • 赤いラズベリーティー
  • レモンバームティー
  • イラクサリーフティー
  • ルイボスティー
  • ローズヒップティー

適度な量で消費できるお茶:

  • ジンジャーティー
  • たんぽぽ茶
  • イエロードックティー
  • アルケミラ
  • パセリティー

避けなければならないお茶:

  • ペパーミントティー
  • カモミールティー
  • セージティー

それで、お茶を一杯か二杯飲むことはあなたの妊娠に害を及ぼしますか?まったくそうではありません-まあ、あなたの通常の健康的な食事は通常の飲み物のシェアで支持されています。ただし、制限内に十分収まっていることを確認する必要があります。 1日1〜2杯のお茶を飲むことは流産につながりませんが、出血と収縮は起こります-これは、最初の学期に過剰なカフェイン茶と特定のハーブティーを摂取した場合にのみ発生します。あなたがあなたの医者から肯定的なうなずきを得た場合、あなたの日常生活にお茶を含めることに全く害はありません.

免責事項: 提供される上記の情報は、情報提供のみを目的としています。これは医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。妊娠中に何かを飲んだり消費したりする前に、医師のアドバイスを受けてください.