妊娠中に一般的に経験される問題の1つは、乳糖不耐症です。牛乳や水牛乳に含まれる乳糖は、消化が困難な場合があり、嘔吐、軟便、膨満感を引き起こします。ミルクを飲むのを避けるのは賢明な決断ですが、朝のコーヒーを飲まないという考えは私たちを怒らせる可能性があります!最良の選択肢–アーモンドミルク。浸した皮をむいたアーモンドから作られたバダムミルクは栄養が豊富で、食品の準備に簡単に使用できます.

妊娠中にアーモンドミルクを飲むと、その段階で必要なすべての重要なビタミンとミネラルが供給されるため、母親と赤ちゃんの両方にメリットがあります。アーモンドミルクについてのいくつかのより驚くべき事実を知るために読んでください.

妊娠中のアーモンドの健康上の利点

妊娠中にアーモンドミルクを飲むことはできますか?

もちろんできます!妊娠中にアーモンドミルクを飲むことは、栄養上の利点のために非常に良いです。日記に不寛容であるかどうかに関係なく、1日あたり数個のアーモンドの良さを得るためにアーモンドミルクを1杯飲みに行きます。妊娠初期のアーモンドも安全で、アーモンドミルクも安全です.

妊娠中のアーモンドの主な利点:

赤ちゃんのために:

  • 妊娠中のアーモンドは赤ちゃんの健康にとても良いです。アーモンドの高タンパク質含有量は、成長中の赤ちゃんの筋肉量の健康的な発達に役立ちます。それは赤ちゃんの健康な出生時体重に役立ちます.
  • アーモンドのビタミンE含有量は、新生児の髪と肌の健康的な形成に役立ちます.
  • 妊娠中のバダムは、強い歯と骨を作るのに不可欠なカルシウムを得るのに役立ちます.
  • アーモンドに含まれるマンガンは、母と子の両方の健康的な体重を調節します.
  • マグネシウムは中枢神経系の適切な形成と機能を保証します.
  • アーモンドに含まれるリボフラビンは、赤ちゃんの認知発達に役立ちます.
  • アーモンドに存在する葉酸またはビタミンB9は、脳と中枢神経系の健康的な形成に重要です。葉酸はまた、成長中の赤ちゃんを出生前の成長段階での神経管の欠陥から保護します.

母のために:

  • アーモンドミルクは抗酸化物質が豊富です。抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。妊娠中の傷みに伴う酸化ストレスを防ぐのに役立ちます。また、心臓を健康に保つのに役立つオメガ-3脂肪酸を大量に含んでいます。牛乳の代替品を探しているなら、アーモンドミルクは健康的な選択です。.
  • アーモンドミルクは、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンDなどの必須ビタミンとミネラルの豊富な供給源です。動物の副産物を含まないため、すべてのビーガンの飲み物です。ビーガン妊娠ダイエットに完全に適合します。あなたが妊娠しているとき、骨は余分な栄養を必要とします。そのため、妊娠中にカルシウムが豊富な食事が必要になります。アーモンドミルクはカルシウムの優れた供給源です。それはあなたの骨を健康で強く保つのを助けます.
  • 高血圧は子癇前症につながる可能性があるため、妊娠中の深刻な懸念事項です。アーモンドミルクに含まれるカルシウムは、血圧レベルを制御します。妊娠糖尿病の場合は、アーモンドミルクが最適です。体に悪影響を与えず、糖尿病の管理を改善するのに役立つ「良い」糖分が含まれています.
  • 妊娠中のアーモンドオイルはあなたの健康に計り知れない恩恵をもたらします。アーモンドミルクの最大の利点の1つは、それを保管するために冷蔵庫を必要としないことです。アーモンドミルクは、牛のミルクとは異なり、長い貯蔵寿命があります。妊娠中に長距離を旅行する場合は、アーモンドミルクを携帯する必要があります。妊娠中の皮膚の問題。アーモンドミルクに含まれるビタミンEは、にきびや色素沈着を治し、肌を健康で輝かせるのに役立ちます.

アーモンドミルクは妊娠中に安全ですか?

アーモンドミルクは、ナッツアレルギーの既往歴がない限り、一般的に妊娠中に安全に摂取できます。アーモンドミルクのグラスは、赤ちゃんの成長に必要なすべての必須栄養素を体に供給します。ただし、胃に関連する問題を避けるために、適度な量を飲むことをお勧めします.

アーモンドミルクの作り方?

店でアーモンドを購入する代わりに、あらゆる種類の防腐剤を含まない独自のアーモンドミルクを自宅で準備できます。

必要になるだろう:

  • アーモンド–1カップ
  • 水–2カップ
  • ひずみのあるメッシュ

手順:

  • アーモンドを一晩または少なくとも8〜10時間浸します。長く浸すほど、ミルクの品質は良くなります.
  • アーモンドを排出し、完全にすすいでください.
  • 皮をむいてブレンダーに入れます.
  • 2カップの水を加え、高速でブレンドします.
  • アーモンドを濾して牛乳を抽出する.

妊娠中のアーモンドミルクの副作用:

アーモンドは一部の女性にアレルギーを引き起こす可能性があります。アーモンドミルクはカロリーが低く、妊娠中に体が弱くなることがあります。甲状腺の機能を抑制する可能性があります。すでに甲状腺機能障害を患っている場合は、アーモンドミルクを完全に飲むことは避けてください。.

あなたがビーガンであるか、日記に問題があるなら、あなたは今、最良の解決策を知っています!アーモンドをいくつか浸し、泡立てて自家製アーモンドミルクを抽出するだけです。コーヒーやお茶などの準備をするのも素晴らしいです。ただし、アーモンドミルクは通常のミルクのように茹でることはありません。栄養の損失を避けるために、わずかに加熱するか、電子レンジで加熱することができます。バダムミルクは、乳製品に慣れている人のパレットには合わないかもしれません。しかし、一度慣れれば素晴らしい飲み物を作ることができます。この記事が妊娠中のアーモンドミルクの安全性に光を当て、あなたのすべての心配を取り除くことを願っています!

よくある質問:

1.妊娠中に皮膚と一緒にアーモンドを食べるのは安全ですか??

妊娠中にバダムを食べることは一般的に安全であると考えられていますが、妊娠中にアーモンドを浸すことをお勧めします。アーモンドの皮には、すべての栄養素を密封する化合物であるタンニンが含まれています。皮膚を取り除くことにより、これらは吸収のために放出されます。アーモンドを浸すと、生のナッツよりも消化しやすくなります.

2.妊娠中にアーモンドによるナッツアレルギーを経験する機会はありますか?

ナッツアレルギーの病歴のある女性は、妊娠中にアーモンドにアレルギーを起こすリスクが高くなります。アーモンドに以前にアレルギーがない人は、反応を経験する可能性がほとんどありません。ただし、量を制限すると、健康上の問題なしに最高の利益を得るのに役立ちます.

3.妊娠中の1日あたりのアーモンドの推奨量はいくつですか?

アーモンドは素晴らしいスナックオプションを作ることができます。妊娠中の女性に推奨されるアーモンドの量は20〜24ナッツで、これは約164カロリーのエネルギー、14.3グラムの脂肪、6グラムのタンパク質です。.