妊娠は女性の人生で最も重要な時期です。それは同じように喜ばしいだけでなく、横断するのが非常に難しい段階です。このフェーズでの最優先事項は、あなたと赤ちゃんの健康を守ることです。この時期の渇望は自然なことですが、何を食べて何を食べないかを知る必要があります。妊娠中に安全に摂取できる中華料理とそうでない中華料理のリストを以下に示します。.

妊娠中の女性は中華料理を食べることができますか

妊娠中の中華料理:

何を食べれば良いか?

蒸し野菜:

妊娠中の中華料理

この中華料理はいつでも非常に有益ですが、妊娠中も有益である可能性があります。アボカド、ブロッコリー、にんじん、豆、ほうれん草などの蒸し野菜は栄養価が高いです。ビタミン、葉酸、カルシウムなどの栄養素が含まれており、赤ちゃんの発育に非常に役立ちます。調理不足の野菜の消費を避けるために、野菜を適切に蒸す必要があります.

ライスヌードル:

ラーメン

米や麺には炭水化物が多く含まれており、妊娠中に摂取するのに非常に有益です。妊娠中のこの中華料理はあなたの体にエネルギーブーストを吹き込みます。炭水化物はセロトニンを生成します。セロトニンは脳内の化学物質であり、注入することで良い要素を感じます。それはまたあなたの気分を高揚させるのを助けます、それであなたが青く感じるのを防ぎます。彼らはまたあなたの心にとても良いです.

チャイニーズジンジャー:

チャイニーズジンジャー

中国の生姜を消費することはさまざまな方法であなたを助けることができます。妊娠中の非常に一般的な問題である吐き気を治療するための素晴らしい薬です。めまいのような乗り物酔いに関連するあらゆる種類の症状;冷たい発汗や吐き気はこれで根絶することができます.

ココナッツオイル:

ココナッツオイル

これは、妊婦にとって非常に有利なもう1つの中華料理です。それは健康な妊娠のメカニズムに非常に必要な体の燃料を高めるのに役立ちます。ラウリン酸が含まれているため、妊娠中の非常に重要な中華料理です。それは体の免疫システムを改善するのに役立ちます.

生豆腐:

新鮮な豆腐

たんぱく質と抗酸化物質が豊富に含まれている新鮮な豆腐は、摂取するのに非常に有益なもう1つの重要な食事です。それはあなたの食事療法に加えられるならば驚異的に働くことができる栄養素を含んでいます。体内のヘモグロビンの組成を増加させるため、最適なエネルギー源です。新鮮な豆腐には、体内の骨の発達を促進するカルシウムも含まれています.

もやし:

もやし

これらはまた栄養価に満ちており、妊娠中に役立つと考えられています。それらは植物栄養素、ビタミンB群およびタンパク質で構成されています。これらは赤ちゃんの脳の発達を促進します。また、胎児の健康管理にも役立ちます。どんな問題も避けるために、それらを適切に洗って調理することが重要です.

低水銀魚:

低水銀魚

妊娠中は、水銀の少ない魚を摂取することをお勧めします。水銀含有量が少ない魚は、オメガ3脂肪酸、ビタミン、タンパク質、ミネラルが豊富です。これは健康な胎児の発育に役立ちます。鮭、タラ、エビなどの魚は水銀含有量が少ない.

チャイニーズティー:

チャイニーズティー

妊娠中に緑茶を摂取すると、その抗酸化物質のために非常に有益な場合があります。それは、体内のあらゆる種類の細胞損傷を防ぐのに役立ちます。また、胎児の発育にも役立ちます。また、歯や骨、免疫システムの維持にも役立ちます。食事と一緒にお茶を飲むのは避けてください.

コンジー:

コンジー

Conjeesは一種の伝統的な中国のスープです。これは、漢方薬の治療効果のために使用されます。あなたは妊娠中にこの中華料理を消費し、多くの方法で利益を得ることができます。それらは味が非常に穏やかですが、妊娠中に非常に一般的な問題である吐き気を取り除くことができます。それはまた非常に満ちているのであなたの空腹の苦痛を取り除くことができます.

自家製中華料理:

自家製中華料理

最後になりましたが、家で作った中華料理を食べることをお勧めします。これは、消費するのに非常に有害なグルタミン酸ナトリウムの量が少ないです。あなたの多くは、妊娠中の女性が中華料理を食べることができるかどうかをさまよっているかもしれません、私たちはあなたのための解決策を持っています。あなたはあなたにとって有益であるあなた自身の健康的な成分を使用して料理を変更することができます.

食べてはいけないもの?

揚げ中華料理:

揚げ中華料理

揚げ中華料理はカロリーと脂肪が多いです。大量のカロリーを摂取すると、体重が増える可能性があります。妊娠中に体重が増えると、子供を簡単に運ぶことが難しくなります。また、複数の健康問題を引き起こし、子供を運ぶ効率を低下させます.

シーフード:

シーフード

シーフードにはメチル水銀が多く含まれているため、胎児の機能障害を引き起こします。甲殻類、マグロ、魚の燻製、寿司などの魚の摂取は可能な限り制限する必要があります。妊娠中の女性の血流中の過剰な量の水銀は、赤ちゃんの脳や神経系の発達に損傷を与える可能性があります.

生/調理済みの肉:

調理済みの肉の下

生の肉や調理不足の肉を摂取すると、トキソプラズマ症などの感染症にかかりやすくなります。インフルエンザのような病気になり、免疫力が低下する可能性があります。食中毒は、生肉が原因で発生する可能性のある非常に一般的な病気です。また、流産に関連するリスクを引き起こします.

アルファルファもやし:

アルファルファもやし

アルファルファもやしには、E。コイルのようなさまざまな種類の致命的な細菌が含まれています。これらの芽を摂取すると、感染しやすくなります。また、サルモネラ菌やリステリア菌などの感染症を引き起こします。妊娠中のあらゆる種類の感染症から身を守ることが最も重要です.

MSGを含む中華料理:

MSGを含む中華料理

グルタミン酸ナトリウムを含む食品は絶対に避けてください。このフレーバーは中華料理の一般的な成分であり、多くの悪影響を引き起こします。 MSGの摂取は、しびれ、脱力感、胸痛、紅潮などの他の影響とともに、妊婦に吐き気を引き起こす可能性があります.

これはあなたが持つことができる、そしてあなたが持つことができないすべての中華料理のリストでした。妊娠の9つの重要な月の間、健康的な食事療法に従うことは非常に重要です。あなたとあなたの赤ちゃんにとって健康的な食品だけを摂取するべきです。健康的な食事をするときだけ健康を維持できます.