妊娠中のヒマシ油は議論の余地のあるトピックです。しかし、妊娠中のヒマシ油の使用法は正確にはわかりませんが、記録によれば、これが初めて使用されたのはエジプトの時代にさかのぼります。 Ricinus communisは、ヒマシ油の起源となる植物の種子です。インドで見つかりました!ひまし油の化学構造は、主に脂肪酸であるリシノール酸で構成されています。この化学組成と濃度により、ヒマシ油は健康に良いと考えられています.

あなたの多くは、労働運動を活性化することによって妊娠中にヒマシ油を使用するという噂を聞いたことがあるかもしれませんが、それがどのように正確に機能するか、あるいはこのニュースが正しいか間違っているかさえ知りませんでした!繰り返しになりますが、標準時間を超えても赤ちゃんが出てこないので、助けが必要な人もいるかもしれません。まあ、心配しないでください。この記事は、ひまし油の妊娠に関するすべての疑問や質問を解決することができます!

妊娠中にヒマシ油が必要な理由

ひまし油とは?

妊娠中のひまし油の使用については議論がありますが、まずひまし油とは何かを教えてください。ヒマシ油は植物油であり、トウゴマを圧搾した後の結果です。それらは海狸香の代わりとして使用されます。このオイルは無色で、味と匂いが異なります。淡黄色の液体のように見えることもあります。ヒマシ油は、石鹸、潤滑油、油圧作動油、コーティング、染料、ワックス、ポリッシュ、香水などの製造に広く使用されています。.

妊娠中にヒマシ油を使用しても安全ですか?

多くの人がひまし油の妊娠リスクについて話しているだけですが、妊娠中にひまし油を使用しても安全であることがわかります。この研究にはさまざまな議論と結論があり、多くの人が、陣痛誘発のためのヒマシ油の使用は、陣痛時間中に大きな違いや変化をもたらさないと言います。大きな合併症はどこにも見られませんでしたが、懸念のほとんどは、ひまし油が出産時と出産時に引き起こす可能性のある許容レベルと不快感に関連していました。このオイルの使用中に吐き気が報告されるケースもいくつかあります。しかし、最近の医師は、広く議論されているひまし油以外の陣痛促進に役立つ適切な方法と方法を持っています。ただし、妊娠中にいくつかの問題が発生した場合に備えて、このヒマシ油の使用を控え、代わりに医師の診察を受けることをお勧めします。.

妊娠中のヒマシ油の利点:

ひまし油と妊娠の副作用を検討する前に、妊娠のためのひまし油の利点がいくつかあることに注意しましょう.

  • 陣痛を誘発することはよく知られている成分です.
  • 下剤の特性は、子宮を収縮させ、排便を刺激するのに役立ちます.
  • さらに、リシノール酸はヒマシ油に含まれており、子宮や腸のプロスタグランジンを攻撃するのに役立ちます。それは彼らが広く契約するのを助けます.
  • ヒマシ油はまた、体液や電解質に影響を与えるのに役立ち、妊娠中や出産時に大いに役立ちます.

妊娠中のヒマシ油の副作用:

妊娠中の女性のためのヒマシ油が陣痛を誘発すると述べている特定の研究はありませんが、多くの副作用がそうすることで役割を果たす可能性があります.

  1. これらのいくつかには、下痢、嘔吐、子宮収縮が含まれる場合があり、陣痛、吐き気などである場合とそうでない場合があります。.
  2. ひまし油と妊娠の使用は陣痛を誘発するためのワンショットソリューションであると考える人もいますが、それでもすべての女性に同じ効果があるわけではなく、副作用を経験しても妊娠し続ける可能性があります.
  3. 多くの人は、脱水症、胎児機能不全、赤ちゃんの胎便などのパッケージに伴うより顕著な副作用のために、妊娠中のヒマシ油の利点をまったく推奨していません.
  4. 妊娠中は、医師の許可がある場合にのみひまし油を使用することを強くお勧めします。それでもひまし油を使用している場合は、使用する前に医師または助産師に相談し、使用量と使用方法を理解してください。.

ひまし油は陣痛を誘発しますか:

陣痛を誘発するヒマシ油は世界中でよく知られています。多くの質問が労働を誘発するのに安全なヒマシ油であり、上で見たように、これが起こるメカニズムを教えてください.

伝統的に、多くの人が陣痛を誘発するためにひまし油を使用していました。助産師や医師は、腸を刺激して子宮を刺激するためにこれを消費するように頼んでいました。これはさらに収縮に変わり、陣痛を誘発します。このプロセスが行われている間、この方法が十分に健康であるかどうかについての証拠がないので、多くはまた、今日では労働を誘発するためだけに消費しないことを推奨しました.

陣痛を誘発するひまし油の量:

多くの人がこれに関して異なる考えを持っていますが、一般的にひまし油の半分のカップは陣痛を誘発するのに役立ちます。ただし、他の人は一度に大さじ1または2杯以上を服用しないことをお勧めします。したがって、服用を減らし、必要に応じて用量を増やすことが賢明であることがわかります。これは、ひまし油を過剰摂取して陣痛を誘発すると、脱水症状とともに下痢を引き起こす可能性があるためです。.

ひまし油を使用して陣痛を誘発する方法:

ひまし油を消費して陣痛を誘発する方法はいくつかあります。それらのいくつかは含まれています,

  • オレンジジュースなどと混ぜて消費し、不快な味を隠します
  • また、一度に飲むことを選択して、その悪い味を均等にするためにジュースまたは冷たい飲み物を飲むこともできます
  • たくさんの水を持っていることを確認してください。ただし、これは脱水症状を引き起こす可能性があるため.

ひまし油は陣痛を誘発するためにどのように機能しますか?

よくある質問は、ひまし油が陣痛を誘発するのにどれくらいの時間がかかるかです。ひまし油は子宮を収縮させ、腸のモーメントを増やすのに役立ちます。このようにして、子宮収縮が起こり、分娩を助けることができます。時間枠は一般的にすべての人にとって同じではありませんが、妊娠中の母親の中には、数時間だけで出産することが知られている人もいます。しかし、そのような事件がまったく報告されなかったケースがいくつかあります。これには数日かかることもあります。したがって、このシナリオでは時間枠を一般化することはできません。.

ひまし油を使用して陣痛を誘発する前に取るべき注意事項:

労働を誘発するためにひまし油を消費する際に取らなければならないいくつかの予防措置が与えられています.

  1. ひまし油は脱水症状を引き起こす可能性があるため、水分をたくさん含んでください。.
  2. 下痢をする可能性があるので、トイレを何度も使用するようにしてください.
  3. 最初はオイルが少ないことを確認してください。少ない方が常に安全です.
  4. 早めに陣痛を誘発しないように注意してください。体がまだ仕事の準備ができていない場合に備えて、最初は少なくとも40週間待ってください.
  5. 痛みや不快感のレベルを高める可能性があるため、これを労働を加速するためのレシピとして使用しないでください
  6. 医師の診察を受け、自分で服用しないように注意してください.

妊娠中にヒマシ油を使用することに直面するリスク:

直面するリスクについてはさまざまな見方がありますが、女性が副作用やリスクを抱えている場合とそうでない場合があります。それらのいくつかは含まれています,

  • 下剤効果は、赤ちゃんへのヒマシ油によっても引き起こされる可能性があります。これにより、赤ちゃんは分娩中に胎便便を通過する可能性があります.
  • 脱水症状や下痢を著しく誘発する可能性があり、妊婦には適さない可能性があります
  • ひまし油も吐き気を引き起こし、嘔吐を引き起こす可能性があります
  • 重度のけいれんは、数人の女性が経験する可能性があります
  • これらの場合を考えると、あなたが決定を下す前にその摂取量について医者に尋ねることを忘れないでください.

労働を誘発するためのヒマシ油の代替品:

ひまし油と同じ仕事をするのに役立つ可能性のある代替案がありますが、この目的のためのオプションとしてすべてが考えられるものを見てみましょう.

  1. 医師のアドバイスに従って、IVを介してピトシンを使用することを検討できる可能性があります
  2. 母の人工的に壊す水袋
  3. 搾乳器を使用して乳首を刺激する
  4. 数人の医師がプロスタグランジンを勧めることができます
  5. フォーリーバルーンは、労働運動を誘発するためにも使用できます

一歩を踏み出す前に医師に尋ねる必要がありますが、1つまたは2つのオプションを使用して自然に陣痛を誘発することができます.

妊娠初期にひまし油を使用する方法について明確なアイデアが得られたので、それを消費する際には十分な注意を払うようにしてください。ひまし油を使用して陣痛を誘発する危険性があるため、専門家によって完全に推奨されているわけではありませんが、医師の監督下で使用することができます。この記事があなたのすべての質問を解決したことを願っています!コメントを教えてください.

よくある質問と回答:

Q1。ひまし油は赤ちゃんを傷つけることができますか?妊娠中の女性が妊娠中にヒマシ油を使用するのは安全ですか??

回答: 妊娠中にヒマシ油を服用した結果はさまざまです。母親も赤ちゃんも同じようにストレスを感じ、倦怠感につながる可能性があります。また、出産前に赤ちゃんが胎便または最初の便を通過する原因となる場合もありますが、場合によっては有害ではありません。.

Q2。陣痛を誘発するためにヒマシ油を摂取することは危険ですか?妊娠中にひまし油を飲むことはできますか?

回答: ヒマシ油は妊娠に有益であると信じられています。何年もの間、人々はこれが陣痛を開始する方法であると考えていましたが、下剤としても機能します。ヒマシ油は腸のけいれんを誘発するため、不快感を覚えたり、下痢を起こしたりする可能性があります。健康な女性に悪影響を与えるべきではありません.

Q3。陣痛を誘発するためにいつヒマシ油を摂取する必要がありますか?陣痛を誘発するためにどのくらいのひまし油を選ぶべきですか?

回答: 24時間ごとに大さじ1または2杯のヒマシ油を摂取しても大丈夫です。早期に誘発することは避けてください。体が陣痛の準備ができていない場合、妊娠中のヒマシ油が望ましい効果をもたらさない可能性があるため、40週間後まで待つことをお勧めします.

Q4。ヒマシ油は流産を引き起こす可能性がありますか?陣痛を誘発するひまし油の危険性?

回答: その理由は、ひまし油がいくつかの中止成分であるということではなく、それが母親または胎児のいずれかに脱水症のような健康上の問題を引き起こし、妊娠の喪失をもたらす可能性があるという事実.

画像ソース: 1