妊娠は、女性が何を食べ、何を食べないかについて嵐を起こすことができる段階です。そうでなければ完全に健康かもしれないが、妊娠中に否定的に反応する可能性のある食品はかなりたくさんあります。チアシードは、これらすべての栄養価などを備えた食品の1つです。妊娠中にチアシードを食べても安全かどうか心配ですか??

チアシードは、ミント科の植物に由来します。これらの種子は、健康な妊娠に必要な多くの重要な栄養素を含む用途の広い食用種子です。妊娠中にチアシード大さじ2杯を摂取するだけで、妊娠初期に必要なほぼすべての追加の1日のカロリーと栄養を供給することができます。.

妊娠中のチアシードの利点

妊娠中のチアシードの利点:

1.オメガ3のソース:

妊娠中のチアシードは、オメガ-3の優れた供給源です。オメガ3脂肪酸は、胎児の脳の発達に不可欠な栄養素です。ほとんどの人は、毎日の要件を満たすためにサーモンまたは魚油のサプリメントを摂取することを選択します。しかし、魚の水銀含有量は、ほとんどの妊婦を懐疑的にする傾向があります。したがって、チアシードは素晴らしい選択肢です。見た目は非常に小さいかもしれませんが、チアシードには大量のオメガ3脂肪酸が含まれています.

チアシードは、脂肪分が多く、腐敗するまでの貯蔵寿命が短い一般的なナッツや種子とは異なり、劣化することなく最大4年間保管できます。これは、抗酸化物質の含有量が高いためです。あなたは間違いなくあなたの毎日の食事にチアシードを妊娠中に含めるべきです.

2.失われた栄養素の補充:

妊娠は体に非常に厳しい場合があります。それは体に非常に負担がかかり、体からいくつかの栄養素を奪う可能性があります。妊娠中にチアシードを摂取すると、失われた栄養素の一部を置き換えるのに役立つ強力な抗酸化パンチが詰め込まれます。それらはカルシウム、リン、マグネシウム、マンガン、銅、亜鉛、鉄、ナイアシンのような必須ミネラルが豊富です。妊娠の最終学期には、適切な骨格の発達のために十分な量のカルシウムを摂取することが非常に重要です。.

チアシードには、ミルクの約5倍のカルシウムが含まれています。また、骨の健康に欠かせないもう1つのミネラルであるホウ素も含まれています。これらの種子に存在する鉄は、体内で酸素を輸送する赤血球を発達させるために不可欠です。妊娠中は、母親の血液量の増加に対応し、赤ちゃんの血液を発達させるために、鉄分の摂取量を増やすことが重要です。.

3.さまざまな病気との戦い:

チアシードは、アレルギー、狭心症、癌、冠状動脈性心臓病(CHD)、心臓発作、運動能力の向上、ホルモン/内分泌障害、高血圧、脳卒中、高脂血症、血管拡張に対して有効性を示していることが知られています。また、抗凝固、抗酸化、抗ウイルス効果の可能性として効果的に役立ちます.

4.砂糖の吸収を遅くする:

高血糖値は危険な妊娠につながる可能性があります。これは、出生時体重の増加、帝王切開分娩の可能性の増加、子癇前症などの合併症に関連しています。チアシードを摂取すると、胃の中にゼラチンのような物質が生成されます。この物質は消化を遅らせ、血糖値を安定させます。この品質により、妊娠中のチアシードは必需品になります.

妊娠中のチアシード1

5.エネルギー源:

妊娠中のチアシードは、シードからの糖質と炭水化物をエネルギーに変換するプロセスを遅くします。種子がタンパク質を多く含んでいることに加えて、このゆっくりと燃焼するプロセスは、エネルギーブーストを提供し、維持するのに大いに役立ちます.

妊娠中のチアシードは簡単で、毎日の食事に取り入れるために必要です。それは母親の健康だけでなく、赤ちゃんの発育にも役立ちます。彼らはあなたの体が妊娠中に必要とする必須栄養素の貯蔵庫です.