カボチャと呼ばれるこの黄橙色の野菜は、他のすべての野菜ベンダーで簡単に見つけることができ、その料理の利点で知られています。とても栄養価の高い野菜です。したがって、カボチャが妊娠に適しているかどうか、または妊娠中にラドゥーを食べても安全かどうか(カボチャはカボチャの別名です)、あなたは正しい場所にいます。この記事では、妊娠中にカボチャを食べることの利点と、妊娠中の食事にカボチャを含めることができるさまざまな方法とともに、副作用を分析しようとします.

カボチャは妊娠に適していますか

妊娠は女性とその家族にとって素晴らしい段階です。母親と赤ちゃんの健康を確保するために細心の注意が払われています。この段階では、何を食べるかを監視することが非常に重要です。それぞれの妊娠は独特であり、私たちが消費する食物の種類に対して、誰もが異なった反応を示します。あなたはカボチャとその種が好きですが、妊娠中の女性はカボチャを食べることができますか??

妊娠中にカボチャを食べても安全ですか?

カボチャは栄養価の高い野菜で、妊娠中の摂取に絶対に安全です。ただし、妊娠中は、過度の使用は合併症を引き起こす可能性があるため、適度に何かを摂取するように注意する必要があります。そうでなければ、妊娠中にカボチャを摂取することによる固有の副作用はなく、妊娠中でも安全に摂取できます.

妊娠中のカボチャの栄養価:

カボチャ100gを摂取することで得られる栄養価は以下のとおりです。.

栄養素価値

  • たんぱく質1.3g
  • 脂肪0.3g
  • 炭水化物9.9g
  • ビタミンAです26.908IU
  • 最高のビタミンC5mg
  • ビタミンB10.03mg
  • ビタミンB20.07mg
  • ナイアシン0.4mg
  • リン42mg
  • カルシウム32mg
  • 鉄1.7mg

カボチャと種を食べることの利点と起こりうる副作用を評価しましょう。 「カボチャは妊娠に良いですか?」を調べてみましょう。

妊娠中にカボチャを食べることの利点:

1.腹部のけいれんを減らします:

妊娠は、重度のけいれんなど、胃に不快感を引き起こします。妊娠中にカボチャとカボチャの種を食べると、これらのけいれんを大幅に減らすことができます。調理、蒸し、炒めのいずれかでお召し上がりいただけます.

2.良い栄養源:

この野菜には、さまざまな必須栄養素が含まれています。たんぱく質、脂肪、炭水化物、ビタミン、鉄、カルシウム、ナイアシン、リンが豊富に含まれており、母親と赤ちゃんの全体的な健康に役立ちます。.

3.下痢の予防の援助:

下痢を含む胃の病気は妊娠中に最も一般的です。妊娠中にカボチャを食べると、腸から虫を取り除き、脾臓をきれいにするだけでなく、下痢や湿疹の可能性を下げることができます。これにより、妊娠中の胃の感染症の可能性がさらに減少します.

4.血糖値を管理します:

カボチャは、妊婦の血糖値を下げるのに非常に効果的です。ただし、この利点を利用するには、甘味料を追加せずにそれを消費していることを確認する必要があります.

5.便秘を防ぎます:

便秘は、ほとんどの女性が妊娠中に抱く不満の1つです。この野菜はタンパク質と繊維が豊富で、適切な消化機能を確保し、それによって良好な排便をします.

妊娠中のカボチャの副作用:

1.アレルギー反応:

カボチャはあなたの体に様々なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。体は特にカボチャにアレルギーを起こす可能性があり、新しいホルモンが大量に放出されるため、妊娠中の種子になります.

2.過剰消費は有害です:

カボチャの過剰摂取は、頭痛、腹痛、胃のトラブル、下痢などの症状を伴う、身体の不寛容を引き起こす可能性があります.

妊娠中の女性のためのカボチャの種を食べることの利点:

1.健康な心臓に良い:

妊娠中のカボチャの種は、マグネシウム摂取量のほぼ半分を提供します。したがって、それは心臓が適切にポンピングするのを助け、それによってその幸福を保証します.

2.免疫システムを後押しします:

カボチャの種は亜鉛を多く含んでいます。これは免疫システムを強化するのに役立ちます.

3.糖尿病の予防:

カボチャの種は、特に母親が糖尿病であるか、そのリスクがある場合に、インスリン調節を改善するのに役立ちます。酸化ストレスを大幅に軽減し、糖尿病合併症の予防に役立ちます.

4.睡眠を促進します:

カボチャの種には、アミノ酸であるトリプトファンが含まれています。このアミノ酸はあなたの体によって睡眠ホルモンのメラトニンに変換することができます。妊娠中の一般的な問題は、眠りにつくことの難しさです。妊娠中の睡眠の数時間前にカボチャの種を食べると、よく眠れるようになります.

5.更年期障害の遅延:

カボチャの種を食べることは、体に天然の植物エストロゲンを提供します。それはあなたの体の善玉コレステロールを増やすのを助けます。それにより、血圧レベル、ほてり、頭痛、さらには関節痛などの多くの更年期症状を和らげるのに役立ちます.

6.脂肪の健康的な供給源:

カボチャはオメガ3脂肪酸が豊富で、胎児の脳の発達を助けるため、妊娠中に不可欠です。.

カボチャは妊娠に良いですか?

妊娠中にカボチャを食べることは、将来の母親と胎児の両方に多くの健康上の利点があります。しかし、あなたはあなたの体がそれにどのように反応するかを決して知らないかもしれません。最善を尽くすには、医師または専門家を訪ね、それを手に入れることができるかどうか、そしてどれだけ消費すべきかを彼らに相談してください.

妊娠中の母親が食べる簡単で健康的なカボチャのレシピ:

1.パンプキンパラタ:

材料:

  • かぼちゃおろしと皮むき250g
  • 全粒小麦粉1カップ
  • クミンシード¼tsp
  • Ajwain¼tsp
  • ローストクミンパウダー¼tsp
  • Garammasala¼tsp
  • 生姜ペースト1tsp
  • 細かく刻んだ青唐辛子1tsp
  • 細かく刻んだコリアンダー¼カップ
  • 味わう塩
  • ギー小さじ1
  • 転がしながら生地をまぶすための全粒小麦粉¼カップ
  • パラーターをローストするための油またはギー

方法

  • 皮を洗い、カボチャをすりおろします.
  • 大きな皿に小麦粉1カップを取ります.
  • カボチャを含むギー以外のすべての材料を追加します.
  • すべてをよく混ぜて、生地をこね始めます.
  • 生地がべたつく場合は、小麦粉を追加してください.
  • 今度は1tspギーを追加し、もう一度こねて柔らかい生地を作ります.
  • 同じものをカバーすることにより、15〜20分の生地の残りを与えます.
  • 今度は生地のレモンサイズのボールを取り、小麦粉にまぶして丸い形に広げます.
  • タワにパラターをのせて両面調理.
  • 今度は少しギーを追加し、それが黄金色になるまで両側をもう一度調理します.

上記の利点から、妊娠中にカボチャを食べることは母親と赤ちゃんの両方にとって有益であると安全に結論付けることができます。しかし、人によって異なり、知らないかもしれませんが、特に妊娠中にカボチャにアレルギーを発症した可能性があります。したがって、カボチャを食事に含める前に、健康の専門家に相談することをお勧めします.

よくある質問と回答:

Q1妊娠初期にカボチャを食べても安全ですか?

回答: 葉酸は妊娠初期に必要な最も重要な栄養素であり、カボチャは葉酸が豊富です。したがって、子供の神経管の副作用を避けるために、妊娠の最初の部分でカボチャを消費することは絶対に安全であり、実際に必要です.

Q2:授乳中にカボチャを食べても安全かどうか?

回答: カボチャの種を含むカボチャは、平均的な母乳育児中の母親の食事に最適です。さまざまな栄養素が豊富であるため、赤ちゃんは必要なすべての栄養素を母親と一緒に受け取ることができ、同時に不足することはありません。.

Q3:妊娠中にどれくらいの量のカボチャを食べるべきですか?

回答: カボチャは食事療法への優れた添加物ですが、カボチャの過剰摂取は妊娠に副作用をもたらす可能性があります。どれだけの量のカボチャがあなたにとって安全であるかを知るために、あなたの医者に相談してください.