ドイツはヨーロッパの中心にあります。それは私たちにたくさんの素晴らしい観光地と周りの素晴らしい場所を提供します。世界中からの訪問者は、その有名な建築構造と自然の美しさのためにドイツに旅行します。旅行者がドイツを新たに理解するのは少し難しいですが、興味のある探検家は常に自分の道を見つけるでしょう.

ドイツの観光地

ドイツで訪問する人気のある観光地:

1.ノイシュヴァンシュタイン城:

ノイシュヴァンシュタイン城ドイツで訪問するのに最適な場所

ノイシュヴァンシュタイン城は、おとぎ話の城の独占的な例です。バイエルン州南西部のフュッセン近くの険しい丘の上にあります。ロマンチックな建築と答えのない悲劇的な物語の象徴として理想化されています。ディズニーランドパークの眠れる森の美女の城は、これに触発されました。城は、城がほぼ完成したときに狂気に陥ったことで不思議なことに知られていたババリアのルートヴィヒ2世によって、1886年に設立され、数日後に亡くなりました。観光客は壮大な背景でそのような美しさを見て驚いています.

2.ブランデンブルク門:

ブランデンブルク門ドイツの観光名所

ブランデンブルク門は、ベルリンで生き残った唯一の門です。それは東ベルリンと西ベルリンの再会を象徴しています。 18世紀に建てられ、リンデンの木の有名な大通りであるウンターデンリンデンへの入り口でもあります。これはかつて、プロイセンの君主の宮殿に直接つながるために使用されました.

3.ヨーロッパパーク:

ドイツのヨーロッパパークの有名な場所

ヨーロッパパークインルストは、ドイツ南西部のフライブルクとオッフェンブルクの間にある美しい公園です。さまざまな大胆な乗り物で構成された遊園地で、とても冒険的な旅になります。ヨーロッパパークはドイツ語圏で最大のテーマパークであり、冬にオープンする数少ないテーマパークの1つです。.

4.ハイデルベルク市:

ハイデルベルク市

ネッカー川渓谷にあるハイデルベルクは、ドイツで最も人気のある観光客の需要の1つです。第二次世界大戦中、ドイツのスラム街のほとんどを破壊した爆撃により、街はほぼ完全に破壊されました。ハイデルベルクは、狭い通りや絵のように美しい家々のバロック様式の魅力を保持しており、有名なハイデルベルク城があり、観光客は何世紀も前に人々が住んでいた生活を見ることができます。.

5.ベルリンの壁:

ベルリンの壁ドイツの観光スポット

1961年から1989年にかけて建設されたベルリンの壁は、都市を2つに分割することにつながりました。ベルリンの壁トレイルは、歩行者とサイクリストのためのルートであり、14のセクションに分かれています。情報パネルは壁の歴史を伝えます。イーストサイドギャラリーは、1990年に21か国のアーティストによって描かれた、後背地の壁である最近の紹介です。.

6.ホルステン門:

ホルステン門ドイツの訪問先

リューベックには2つの門が残っており、ホルステン門はそのうちの1つです。 1464年に建てられ、現在は博物館として訪問者に開放されています。 2つの丸い塔とアーチ型の入り口があり、街のシンボルとなっています。.

7.ベルリン博物館島:

ベルリン博物館島

ベルリンの博物館島は、ユネスコの世界遺産に登録されています。世界で最も有名な美術館の1つであり、貴重な文化財を所蔵しています。ここにあるギャラリーには、古代世界博物館、新博物館、旧国立美術館、ボーデ博物館、ペルガモン博物館があり、訪問者はエジプト、ギリシャ、メソポタミアンの文明から芸術と文化について知ることができます。ローマなど.

8.オクトーバーフェスト:

オクトーバーフェストはドイツの場所を訪問する必要があります

オクトーバーフェストは最大のフォルクスフェストです。ミュンヘンには毎年600万人以上の訪問者がいます。オクトーバーフェストは9月末に始まり、10月の最初の週末まで続きます。これはバイエルン文化の重要な部分であり、1810年から定期的に行われています。訪問者はさまざまな伝統的な料理を楽しんでいます.

9.サンスーシ宮殿:

サンスーシ宮殿ドイツで最高の観光地

ポツダムの街には、広大な公園、雄大な並木道、18世紀から20世紀までの200年以上にわたって建てられた約150の建物など、美しい景観があり、すべてが組み合わさって優れた文化財となっています。サンスーシは最も訪問者の多い建造物であり、息を呑むような景色を眺めることができ、すべての訪問者を魅了します.

10.リンダウ:

リンダウは夏にドイツで訪問する場所

の歴史的な街は非常に人気のある観光名所です。ボーデン湖の東部にあるオーストリア、ドイツ、スイスの国境の交差点近くにあります。街は橋と鉄道で本土とつながっており、現在は非常に人口密度が高くなっています。それは観光客にその建物と建築を通して中世のタッチを与えます.

11.フラウエン教会:

フラウエン教会

ドレスデンのフラウエン教会は、聖母のルーテル教会です。それは第二次世界大戦中に台無しにされました。教会は前の教会の元のアイデアに基づいて再建され、2005年に再開されました。コベントリー市から与えられた教会のドームには金色の十字架があります。.

12.ツークシュピッツェ山:

ツークシュピッツェ山

ツークシュピッツェは、アルプスで最も有名な山頂の1つです。面積は2,962mで、ドイツで最も高いピークです。世界中から訪れる人々が、その壮大な景色を垣間見るためにここにやって来ます。.

13.ロマンチックなライン:

ロマンチックなライン

ライン川はブドウ園に覆われた急な丘を通り、無数の城や破壊物で覆われ、この場所の最高の場所であるロマンティックラインに流れ込みます。川は古くから中央ヨーロッパへの重要な貿易ルートであり、銀行によって一連の小さな町が出現しました。クルーズに乗ることは大切な経験かもしれません.

14.リューゲンクリフ:

リューゲンクリフ

リューゲンの断崖は、リューゲン島の北東にあるヤスムント国立公園にあります。彼らは絶え間ない侵食に直面しています。バルト海の高いところに急な塔があります。高さ118メートルで、王の椅子として知られています。これは崖の中で最も美しい部分であり、驚くほど美しいものを提供します。崖のすぐ後ろには、邪魔されていない森も見えます。これは国立公園の一部です.

15.ヴュルツブルクレジデントパレス:

ヴュルツブルクレジデントパレス

ヴュルツブルク宮殿は、ドイツで最も有名なヨーロッパの建築物の1つと見なされています。 1740年から1770年の間に設立され、1765年から1780年の間に壮大な庭園によって美化されました。きらびやかな時代を象徴し、ヨーロッパで最も壮観な王宮の1つです。