三つ編みは長くて柔らかい髪で速く進みます。三つ編みは結び目のない髪でさらに速く進みます。抜け毛を起こさないように十分注意しながら、幅の広い櫛またはブラシで髪のもつれをほどくところから始めます。.

髪を編む方法

濡れた状態で髪を編むと、乾いた髪を編むよりもタイトな外観になり、乱雑な外観になることがあります。したがって、編組の手順は次のように始まります。

もつれを解き、保湿します。

NS。髪をよくとかしてほぐします

NS。タイトな外観のために水ベースの保湿剤を使用してください.

NS。太い髪の毛を扱うときは、扱いやすいように保湿剤を使用することをお勧めします.

NS。髪をシャンプーした場合は、2〜3日経ったら髪を編んでください。完全にきれいな髪よりも少し油っぽい髪の方が編むのが良いからです。.

ベースを保護します。

NS。これはオプションです

NS。ポニーテールをヘアタイまたは輪ゴムで結ぶと、ブレードの取り扱いが簡単になり、きれいになります。首のうなじで緩い髪を編むことから始めます.

セクションに分割:

NS。髪を3つのセクションに分けます.

NS。すべてのセクションを均等に取る

NS。左手から左セクションを取り、同様に右手で右セクションを取ります。真ん中のセクションは現在無料です.

NS。指輪、中指、小指を使って、手のひらにストランドをつかむようにストランドを持ちます。.

e。これにより、人差し指と親指を自由に保つことができます.

サイドシフトフィッシュテールブレード

セクションを横断する:

NS。次に、左側のセクションを中央のセクションに交差させます.

NS。人差し指と親指で髪の中央部分をつかみます

NS。次に、人差し指と右手の親指を使用して、髪のレットセクションをつかみます.

NS。これで、元の左側のセクションが中央にあることがわかります。.

e。同じことを繰り返して、右側のセクションを中央のセクションに交差させ、元の右側のセクションが髪の中央にくるようにします。.

編み込みを続ける:

片方の手の人差し指と親指を使って同様の方法で編み込みを続け、後ろの部分をつかみます。あなたが行くとき、ストランドが手を変えるときはいつでも優しく引っ張るように、ブレードを締め続けてください。編んでいない髪の毛の端が2〜3インチ残るまで繰り返します.

終わりを確保する:

ゴムを結ぶことによって、編まれていない部分から髪の毛の端を固定します。それが緩まないことを確認するためにそれを数回包みます.

スプレーとセット:

  • 最後に髪をスプレーして固まらせ、乱雑にならないようにすることができます.
  • これは、基本的なブレードに向けた簡単なステップでした。このスタイルにさまざまなビーズ、アクセサリー、装飾を追加して、より繊細に見せることができます.
  • ブレードの作り方がわかったので、複数のブレードを作り、コーンロウ、ボックスブレード、モホークなどのさまざまなスタイルを作ることができます。.
  • 三つ編みは季節を問わず、スタイルを試してみるほどスタイリッシュになります。.