パンジャブは、バングラ、鮮やかな色、心のこもった、伝染性の大きな笑い、そしてマタタハクナの態度がすべてです!これらの幸運な地元の人々は、5つの川の土地を今日のようにしています。彼らは人生を最大限に生きる方法を知っており、雄大な山々、緑豊かな谷、きらびやかな滝など、周りの素晴らしい地形で、このインドの州はすべての旅行者の夢です!退屈な瞬間はなく、喜びだけ…それ以上ですか?パンジャブはシーク教徒の土地であり、この地域で続いている主な宗教はシーク教であり、グル・ナーナクの説教から生まれました。しかし、今日のパンジャブには、ヒンズー教徒、イスラム教徒、ジャイナ教徒、キリスト教徒など、あらゆるカーストや宗教的信念の人々が住んでいます。その結果、それは本当にインドで最も魅力的で宗教的に最も尊敬されている寺院のいくつかの住居です。はい、私たちは皆、パンジャブ黄金寺院について聞いたことがありますね。あなたの宗教的な旅を始めるのに最適な場所の1つである私たちはあなたを整理するのに最適なリストを持っています。駄洒落による巡礼

これらのトップピックを介してジャブ.

パンジャブ寺院リスト–あなたが訪問しなければならないパンジャブで最も有名な寺院:

1.アムリトサルの黄金寺院:

パンジャブの寺院

非常に人気のあるパンジャブ寺院である「黄金寺院」は、アムリトサルにあるハルマンディルサーヒブ寺院としても知られています。世界で最も神聖なシーク教徒のグルドワラとして知られており、その上層階は金で覆われています。パンジャブ文化の黄金寺院の歴史は、この場所をこれまで以上に人気のあるものにしています。 4番目のシーク教徒であるグルラムダスは1574年にグルドワラを設立しました。寺院には4つの入り口があり、あらゆる宗教の人々が中に歓迎されていることを示しています。昼間、シーク教の最も神聖な教科書であるグル・グランス・サヒブが敷地内にいます。無料のコミュニティキッチンで食事やランガーを調理し、毎日10万人に提供しています。黄金寺院のパンジャブ情報は、タイミングとドレスコードの観点からオンラインで簡単に入手できます.

2.ロパー地区のジャヤンティデビ寺院:

パンジャブの寺院

Jayanti Devi寺院は、Ropar地区のチャンディーガルからわずか15kmの場所にあります。勝利の女神、ジャヤンティ・デヴィに捧げられています。シワリク山脈の丘陵地帯にあります。寺院の本館にたどり着くには、信者は基地の巨大な門から100歩の簡単な階段を上る必要があります。寺院には、シヴァ、ラクシュミ、ガネーシャ、ロカデフ、バラスンダリの偶像もあります。パンジャブで最も人気のあるヒンドゥー寺院の1つです。毎年恒例の見本市は2月と8月の満月の日に開催され、その間に寺院は1.5万ルピー以上の訪問者を魅了します。ナバラトリもこの寺院で広く祝われています.

3.Panchkula地区のMataMansa Devi Temple:

パンジャブの寺院

チャンディーガル郊外のパンチクラ地区には、マタマタマンサデビ寺院があります。寺院はシワリク山脈のふもとに広がっており、シャクティの別の形態である女神マンサデビに捧げられています。この寺院は、ナバラトリの9日間に多くの信者を広く魅了する、北インドの主要なシャクティ寺院の1つとして知られています。パンジャブの有名な寺院のリストで上位にランクされています.

4.アムリトサルのDurgiana寺院:

パンジャブの寺院

ドゥルジャーナ寺院はアムリトサル市にあるヒンドゥー教の寺院で、その建築は有名な黄金寺院に似ています。それは、女神ラクシュミとヴィシュヌと共に主神でもある女神ドゥルガーに捧げられています。元の寺院は16世紀に建設され、1921年に再建されました。神聖な湖の真ん中に建てられ、橋が寺院へのアプローチを提供しました。ここで祝われる主な祭りは、Dussehra、Janmashtami、Ram Navami、Diwaliです。.

5.パタンコート市のMukteshwarMahadev寺院:

パンジャブの寺院

パタンコート市の近くにあるムクテシュワルマハデフ寺院は、シヴァ神の人気のある神社です。また、ガネーシャ卿、ブラフマー卿、ヴィシュヌ卿、ハヌマーン卿、パールヴァテ​​ィー女神の偶像もあります。寺院は丘の頂上に高く立っています。バイサキを記念するフェアであるムケスランダメラは、シヴァラトリ、チャイティヤチョディヤ、ナバラトリとともにここで広く祝われています.

6.ルディアナ地区のGurdwaraManji Sahib:

パンジャブの寺院

Gurdwara Manji Sahibは、ルディアナ地区のAlamgir村にあります。シーク教徒の10人目の教祖である教祖ゴビンシンは、現在はティルサーとして知られている泉が現れたアラムギルに到達すると、地面に矢を放ったと言われています。彼はまた、ここで熱心な信者から馬を紹介されたと言われています.

7.アムリトサルのAkalTakht:

パンジャブの寺院

Akal Takthは、シーク教の5つのタクトまたは権力の座の1つです。 6番目のシーク教徒のグルであるグルハルゴービンドによって建てられ、ハルマンディルサーヒブグルドワラの複合施設内にあります。それは正義と時間的問題の考察の場として建てられました。現在の構造は、大理石の象眼細工と金箔のドームを備えた5階建ての建物です。.

8.フェイガー・サヒブのグルドワラ・フェイガー・サヒブ:

パンジャブの寺院

シーク教徒のグルドワラまたはファテガルサヒブ市の礼拝所は、バンダバハドゥールの指導の下でシーク教徒によって1710年に建設されたグルドワラファテガルサヒブに位置しています。グルドワラのメインコンプレックスには、Bhora Sahib、Burj Mata Gujri、Shahid Ganj、Todar Mal Jain Hallという名前の大きなホール、神聖なプールやサロバーなど、他の多くのグルドワラがあります。.

9. Tarn TaranSahibのGurdwaraSri Tarn Taran Sahib:

パンジャブの寺院

Gurdwara Sri Tarn Taran Sahibは、Tarn TaranSahibの街にあるシーク教徒の礼拝所です。グルドワラコンプレックスは、すべてのグルドワラの中で最大の神聖なプールまたはサロバーを持っていることが知られています。ここでは、アマバスの日や新月の夜に毎月行われる巡礼者の集まりが有名です。 5番目のシーク教徒であるグルアルヤンDevJiは、1590年にこのグルドワラを設立しました。.

これで、自然の美しさと文化に満ちた雰囲気の中で、完璧なスピリチュアルな呼びかけに向かう場所がわかりました。黄金寺院のパンジャブインドは、宗教的かどうかにかかわらず、すべての旅行者のリストに載っています。寺院を訪れることとは別に、すべてのためにやるべきことがたくさんあります。本物のCholeBatureを楽しむことから、バングラ、ギッダ、ジュマールなどのさまざまなダンス形式を楽しむことまで、この5つの川の土地は決してあなたを失望させません。あなたのパンジャブ巡礼についてのあなたの経験を私たちと共有して書いてください。このガイドに関するフィードバックをお待ちしております。お役に立てば幸いです。幸せな旅といつもあなたの道を祝福します.