あなたはケイトミドルトンのようになりたいですか!彼女が誰なのかご存知ですか?彼女は2005年にチャールズ皇太子と結婚した後非常に有名であり、その日までに彼女は多くのデザイナー、メイクアップアーティスト、そしてスタイリストとのスタイルの変容を即座に経験しました。彼女はお姫様なので、ほとんどの女性と女の子は彼女の外見に夢中で、常に彼らについてすべてを知ることに興奮しています。したがって、この記事では、彼女のフィットネス、メイクアップ、ダイエットに関するいくつかの秘密のヒントについて説明します.

王室の美しさを追いかけたいのなら、この記事を注意深く読んでください。彼女は将来の女王であるにもかかわらず、有名なスタイルのアイコンです。ケイトは王室の代表であり、国の代表でもあるため、どこでも完璧に見える可能性があります。彼女はダイエット、美容、メイクの厳格な体制に従うことで彼女の美しさを維持しています.

ケイトミドルトンの美しさのヒントとフィットネスの秘密

したがって、多くの女性が彼女の優雅さを模倣するように訴えているのも不思議ではありません。あなたは彼女の最初の年、肌、髪、化粧、王女としての身だしなみのために、ケイトはおよそ17,700ドルを費やしたかもしれないことを知っている必要があります。これで、女王になるのにふさわしいルーチンになりました。以下に、彼女のメイクや他の多くの秘密について説明します。

ケイトのスタイルの秘密:

♦顔色:ケイトは主に、肌の輝きを保つためにさまざまな美容グッズを使用しています.

♦彼女はスイスの美容ブランド、カレンヘレゾフも関わっています。これらの製品では、美容製品に酸素を使用することで、肌の濡れた望ましい外観を持ち上げることができます。.

ケイトのメイクの秘密:

ケイトのメイクの秘密

♦ケイトは自分でメイクをするのが大好きで、ニュートラルな光沢のある唇とメロドラマ的な目が特徴的なアイライナーの良い選択で通常のパレットに固執します.

♦彼女は主にボビーブラウンの美容製品を使用しており、その大ファンでもあります。彼女は主にコールアイライナーを使用しています.

♦ミドルトン夫人は、頬を赤くするタイプの軽いものが好きです。したがって、同じ外観が必要な場合は、ライトピンクに固執し、慎重に適用してください.

♦だから、彼女の自然な見た目と競争したい場合は、薄いピンクに固執し、慎重に適用してください.

♦顔色を輝かせ続けるために、彼女は主にカレンヘレゾフのスキンケア製品を好みます.

♦彼女は歯を白くするだけでなく、平らにします。このために彼女は「マイクロローテーション」と呼ばれる治療法を使用しています。.

♦彼女は結婚式のためにデミシニヨンスタイルをしました。ジェームズ・プライスはケイトの転がる栗の毛を保持している男です.

♦太くて暗い目、完全に暗い眉毛、柔らかく繁栄するアイシャドウなど。そして、ほとんどの場合、彼女が目のしわに好んだ暗いスレートの目の色.

♦彼女はいつもピンクのリップグロスで見え、唇にキラキラ光る外観を与えます.

ケイトのダイエットの秘密:

♦ケイトは健康な若い女性であるだけでなく、彼女の外見も健康をもたらします。彼は野菜と穀物を含む体制に従います。これは彼女の顔をきれいにし、彼女の肌は輝いているように見えます.

♦彼女はまた、低炭水化物と優れたタンパク質を含む減量のためにデュカンダイエットをすることを好みます、ダイエット.

♦彼女はダイエットが好きではなく、個人的な栄養士やトレーナーもいません。彼女は適切な食事をとり、過剰なコレステロールと脂肪を避けます.

♦彼女は、シーフード、赤身の肉、サラダ、そしてたくさんの野菜を含む健康的な食事だけを好みます。豆とサラダは、新鮮な気分を味わうための夜のおやつとして彼女のお気に入りの1つです。.

♦デュカンダイエットには、攻撃、巡航、統合、安定化などの4つのステップのダイエットが含まれます.

♦卵、クリーム、サラミも、オートミール、ドライフルーツ、ケトルチップスと一緒に彼女の好みに含まれています.

ケイトのフィットネスの秘密:

ケイトのフィットネスの秘密

♦彼女はジムを走ったり叩いたりすることでフィットネスを維持しています。彼女は体重を減らすためにピラティスや水泳だけでなく運動も好みます.

♦彼女は体格がスリムであることが望ましいですが、毎日約1時間の運動に費やしています。.

♦彼女は主に、ウェイトリフティング、スクワット、ローイング、サイクリング、腹筋運動、腕のカール、そして有酸素運動のバランスを取り、柔軟性を高め、筋肉を伸ばすためのヨガをするのが大好きです。.

♦彼女はジムボールの大ファンです.

だから、これはすべて王室の美しさの秘密についてであり、ケイトミドルトンを知って幸せだと思います。この記事が有益で有益であると感じていただければ幸いです。.