現在、世界は肥満に執着しており、突然の考え方の変化により、ある時点で肥満であることには何も悪いことはないと人々は信じています。母親は、息子が十分に栄養を与えられ、健康を維持するのが好きだと言うので、太っていることは彼の子供の頃のことです。若者は、体に問題がなく、好きなだけ食べられる時期だと言っているので、それを最大限に活用してみませんか?成熟した年齢で、人々は彼らの人生の半分が厳格な規則でなくなったと言います、そして彼らは今度は彼ら自身であるに値します。肥満は紛争に賛成と反対の傾向があるトピックですが、肥満の結果として経験する可能性のある重大な危険のいくつかを以下に示します。.

肥満の副作用

心からの問題:

今、肥満はあなたの心臓と心臓の問題と関係があります。見ることができる唯一のたるみは、皮膚の層の真下にあるあなたの外体にあり、それが私たちが肥満であることを私たちが知っている方法です。しかし、私たちは本当に私たちの体の内部メカニズム内のさまざまな脂肪貯蔵を考慮に入れていますか?多くの場合、極度の脂肪蓄積の下で冠状血管が圧迫されたり、過剰な脂肪圧のために心臓が通常のリズミカルな鼓動を続けることができない場合があります。これは明らかな脳卒中を含む多くの心臓の問題につながります.

不眠症モード:

この点を聞いた後は、息子が肥満になることを本当に望んでいません。睡眠時無呼吸と呼ばれる医学用語があり、睡眠中に人が息を切らしたり、肺への空気の供給を一時的に自動的に遮断したりします。これは主に、風や食道の内部や周囲に過剰な脂肪が蓄積し、それらを加圧または狭めるためです。肥満は主にこの状況と絡み合っています.

妊娠中は危険です:

あなたが現在妊娠していて、あなたの肥満が今あなたの友人である場合、あなたの臓器の赤ちゃんが適切なスペースと空気供給が少ないために窒息していると感じるとき、極端な脂肪蓄積で赤ちゃんを失うリスクがあるかもしれません。これが主に、妊娠中の母親が処方された量以外の余分な脂肪やカロリーを減らすように専門的にアドバイスする理由です.

寿命:

肥満の人は、そのようにライフラインから数年を自動的に差し引くことが証明されています。肥満は、臓器のいずれかの部分が脂肪の圧力下で機能しなくなる可能性があり、したがってライフラインが短くなる可能性がある臓器内の主要な問題です.

血圧の上昇:

医師によると、肥満や太りすぎの問題を抱えている人は、高血圧になる可能性が高く、これは私たちにとって健康的なことではありません。高血圧は、前症状が実際には彼らのものではないので、しばしばサイレントキラーと呼ばれます。彼らは突然攻撃し、恐ろしい脳卒中や心臓発作を引き起こします.

がんのリスク:

実施された新しい研究は、肥満の人々が非肥満の集団よりも癌のリスクが高いことを示しました。通常、がん細胞は脂肪の中に隠れており、それが優勢で深刻になる最後の段階まで症状を示しません.

糖尿病:

肥満はしばしば糖尿病に関連しており、過剰な脂肪のためにインスリン分泌が低下する可能性があります。現在、インスリンの衰弱の問題は、インスリン産生が低分泌または産生によって妨げられている糖尿病に終わることがよくあります。肥満の人に影響を与えるのは主に2型糖尿病です.

出産の問題:

これは主に、肥満の女性が非肥満の女性よりも妊娠の試行とチャンスが多いことが繰り返し見られる女性の人々に関連しています。これは、肥満がホルモン分泌の変化にも関与しているためです。そのため、妊娠は彼らにとって少し問題のあるシーンである可能性があります。.