あなたは今妊娠6ヶ月です。あなたは今あなたの体が先月と異なっていることに気付くでしょう。これと一緒に、あなたの赤ちゃんは成長の面でいくつかの本当の進歩を遂げました。そうは言っても、あなたはあなたの体と赤ちゃんに必須栄養素を供給する必要があります。 6日の妊婦の食事療法は、渇望とビタミンがあるので、いくつかのお菓子の組み合わせです。食べ物は赤ちゃんに栄養素を提供できる唯一の選択肢です。あなたの医者の助けを借りて、従わなければならない健康的なダイエットチャートを作成してください.

6ヶ月目の妊娠ダイエット

6ヶ月の妊娠のための食事と食物の重要性:

なぜこの時点であなたのために良いダイエットチャートを強調しているのですか?まあ、どの時点でも、あなたの体に必要な必須栄養素をカバーする良いダイエットチャートは決して過小評価されていません。赤ちゃんの成長と健康の多くは、何を食べるか、どれだけ食べるかに依存することを忘れないでください。体は必要な栄養素を吸収し、胎盤を通して赤ちゃんを養います。定期的に食べることとは別に、これは胎児の発育に大きな役割を果たすので、健康的な食事をする必要があります.

妊娠6ヶ月目のフードチャート:

このチャートには、すべての必須栄養素が適切な量で含まれており、密集しています。あなたが食べるものはすべて、赤ちゃんの発育に関与します。タンパク質、炭水化物、カルシウム、新鮮な果物、野菜を適切に組み合わせることで、ダイエットチャートは適切なバランスを取ります。妊娠6か月目のフードチャートは次のようになります。.

1.ビタミンC:

ビタミンCは今非常に重要です。それは体を強く健康に保ちます。さらに、それは体をどんな種類の病気からも自由に保ちます。ビタミンCは組織の成長を助けます。ビタミンCを含む製品は、細胞を保護するために非常に重要です。イチゴ、ブドウ、キャベツ、サツマイモなどは、ビタミンCが豊富な果物や野菜の一部です。.

2.繊維:

繊維は妊娠中の便秘に良い解決策です。消化不良と便秘は妊娠中は非常に自然です。この問題では、繊維を含む製品が役立ちます。それは妊娠中の食事の本質的な部分です。繊維は一般的に果物やさまざまな種類の野菜に含まれています。繊維を運ぶ製品は、特に妊娠中のこの時期に消化しやすいです.

3.アーモンド:

はい、ナッツは常に救世主です!妊娠中のこの時期には、栄養価の高い食べ物が必要です。それにもかかわらず、それはあなたの赤ちゃんの健康な成長のために非常に重要です。アーモンドには、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれています。通常のダイエットチャートにアーモンドを含めるようにしてください。アーモンドに関してアレルギーがある場合は避ける方が良いですが、代わりに他のナッツを探してください.

4.葉酸:

ビタミンとともに、葉酸は妊婦にとって重要です。 1日に一定量の葉酸が必要です。赤ちゃんの葉酸の脳の発達には重要な役割を果たします。お子様の脊髄を強化することは非常に役立ちます。したがって、葉酸を摂取することで、赤ちゃんの誕生時にあらゆる種類の欠陥を回避できます.

5.タンパク質:

タンパク質は妊娠中の食事の最も必要な部分です。エネルギーを適切に供給するためには、タンパク質が重要です。赤ちゃんの身体の成長は、十分な量のタンパク質に依存します。したがって、すべての中で妊娠6か月の間にタンパク質が食事に含まれていることを確認してください。たんぱく質が豊富な食品は、卵、魚、醤油、鶏肉、牛乳、緑の野菜などです。.

6.炭水化物:

毎日健康的な炭水化物が不可欠です。ただし、どれだけ食べる必要があるかは体重によって異なります。ジャガイモ、パスタ、スイートコーン、種子、ナッツはあなたが信頼できるいくつかの良い炭水化物です.

7.野菜:

野菜の良さをお話しする必要はありません。妊娠6か月目のダイエットチャートは、新鮮な野菜では決して完成しません。ビートルート、キャベツ、アスパラガス、ほうれん草、ニンジン、ナス、カブ、カボチャ、豆、トマトは、体と赤ちゃんに必要な栄養素を提供する優れたオプションです.

8.果物:

利点の多くはいくつかの新鮮な果物を食べることにあり、妊娠6か月間で最高の食べ物と見なされることがよくあります。あなたのテーブルに果物のバスケット一杯を保ち、あなたが望むときはいつでもそれを持ってください。果物は体に十分なビタミンを供給します。したがって、赤ちゃんはビタミン欠乏症に悩まされることはありません。また、ミネラルの必要性を満たします。バナナ、緑のブドウ、リンゴ、オレンジ、梨などの果物をダイエットチャートに追加できます.

乳製品の重要性:

私たちの多くは実際には乳製品に取り組んでいません。妊娠中は、そのような製品を避ける余地がないことを忘れないでください。赤ちゃんの強い骨にとって、カルシウムは非常に重要です。したがって、ミルクやその他の乳製品の習慣を身に付けないと、赤ちゃんに害を及ぼすことになります。タンパク質とカルシウムの不足のために、赤ちゃんは骨の強さの不足に苦しむことができます.

流体:

妊娠6か月目の食事とともに、水の消費は消化の重要な部分です。医師によると、1日を通して最低6杯の水を飲む必要があります。水分補給の重要性を強調する必要はありません!

6ヶ月目の妊娠ダイエット:食べてはいけないもの

妊娠6か月目の食事は、慎重に計画する必要があります。ここにあなたが避けなければならないいくつかの製品があります.

1.生の海の食べ物を避ける:

シーフードに大したことはありません。妊娠中の女性は生のシーフードを固く禁じられています。それらは、現時点で非常に有害である可能性がある高レベルの水銀を運びます。シーフードはリステリア症のような病気を生み出しますが、これは間違いなくあなたとあなたの赤ちゃんにとって非常に有害です.

2.調理済みの肉の下:

さて、調理された肉は有害なバクテリアを遠ざけるために不可欠です。リステリア症とその可能性を殺すように肉をよく調理します.

3.ソフトチーズ:

低温殺菌されていない軟質チーズは遠ざける必要があります。ハードチーズを好み、6か月の妊娠中の女性のためにあなたの食べ物にそれらを含めてください。チーズには病気の原因となるバクテリアが蔓延しているため、あまり甘やかさない方がよいでしょう。.

4.辛い食べ物:

辛い食べ物は消化不良を引き起こす良い理由です。このタイプの食品は、衛生状態を維持せずに調理されます。現時点では、辛い食べ物を避け、味気ない食べ物だけを食べると退屈し、食べ物が食欲をそそります。健康的な食べ物に固執し、適度に辛い食べ物を食べる.

5.カフェイン:

コーヒーやお茶のようなカフェイン入りのアイテムは、過剰に摂取するのは良くありません。それはあなたがそれを持つことができないという意味ではありませんが、心に留めて、適度にそれをとってください。それらは覚醒剤であり、その効果は心拍で感じることができます.

6.アルコールとタバコ:

アルコールとタバコは、妊娠6か月目の食品への入場が固く免除されます。彼らが赤ちゃんに与える可能性のある損害は深刻であり、時には取り返しのつかないほど致命的ですらあります.

妊娠6ヶ月目の食事療法で摂取するサプリメント:

言及された食品とは別に考慮する必要があるいくつかのサプリメントがあります.

NS。鉄:

妊娠中の母親には、毎日27グラムの鉄を摂取することをお勧めします。成長中の胎児は母親から栄養素を摂取するため、母親は十分な鉄分を摂取する必要があります。ただし、鉄分が多すぎると、独自の問題が発生する可能性もあります.

NS。葉酸:

葉酸は、6か月目の妊娠ダイエット計画に不可欠なさらに別の成分です。適切な量​​は、受胎前の1か月と3か月後の600マイクログラムです。これは通常の推奨される使用法です.

NS。ヨウ素:

ヨウ素は胎児の精神発達に欠かせない成分です。妊娠中の母親には220マイクログラムが推奨される使用法です.

NS。ビタミンD:

ビタミンDは、体がカルシウムを吸収して使用するために不可欠です。朝または午後の太陽の下で約10分を過ごすことで十分なビタミンDを得ることができます.

e。オメガ3脂肪酸:

魚油は赤ちゃんの神経発達に不可欠です。ただし、これは最初の学期には採用されません。投与量については、せいぜい医師に相談することをお勧めします.

NS。ビタミンB12:

赤ちゃんの神経発達のための別のサプリメントはビタミンB12です。これは肉、卵、乳製品に含まれています。約250〜500マイクログラムが推奨用量であり、妊娠6か月目に食べる食品に含まれている必要があります.

6ヶ月の妊娠中の女性のための食事療法のヒント:

  • あなたがそれを絶対に確信していない限り、市販薬を買いに行かないでください.
  • すでに何らかの定期的な薬を服用している場合は、妊娠中の使用について医師に相談することをお勧めします.
  • いくつかの健康的な渇望をむしゃむしゃ。渇望はこの時点で完全に自然です。あなたはあなたが健康的なものを食べることによって渇望を満足させることを確認する必要があるだけです.

妊娠6ヶ月目の体重増加:どのくらい正常ですか?

低体重の女性は約28から40ポンドの体重を増やすべきであることが示唆されています。ただし、太りすぎの場合は、妊娠中に15〜25ポンドしか体重を増やす必要がない場合があります。また、妊娠の最初の3か月で2〜4ポンドの体重を増やし、残りの妊娠では少なくとも1ポンドの体重を増やすことをお勧めします。.

妊娠6か月間の最良の食事は、健康的な選択にほかなりません。あなたの渇望をコントロールするのは難しいかもしれませんが、それは確かに可能です。可能な最も簡単な方法は、いくつかのナッツと種子を常に手元に置いて、あなたの心をそらすことを試みることかもしれません。健康的な旅はあなたのためにこれを思い出深いものに保つために必須です.

よくある質問と回答:

Q1。ソーダやその他の炭酸飲料を含めることはできますか?

回答: 妊娠中は、ソーダや通気製品に近づかないようにしてください。飲み物の風味は体と赤ちゃんに有害です。それに加えて、それらの中の高用量の砂糖も有害である可能性があります.

Q2。毎日どのくらいの水を飲むべきですか?

回答: 妊娠中の女性は、理想的には毎日約2.3リットルの水を飲む必要があります。水分補給は非常に重要です.

Q3。妊娠6ヶ月目に推奨されるナッツの投与量はありますか?

回答: 確かにあり、あなたの栄養士または医師はあなたの体重に応じて、そしてあなたに必要なエネルギー源に基づいてあなたに推奨される投与量をリストすることができます.